スタッフ通信:たまには30キロラン

スタッフの加藤です。

スポーツの秋です!皆さん身体を動かしてますか?

私は、冬のマラソンシーズンに向けて、日々ランニングをしております。次回のレースは12月です。10月はロング走を中心にしっかり脚をつくっていきたいです。本番はいつも後半に脚が重くなり30キロを過ぎてからバテバテになるので、今年はなんとか最後まで駆け抜けたいです。

レース後半に耐えうる脚にするには、日々のランニングや筋トレで負荷をかけなければなりません。ランニングを中心に筋トレを組み合わせてます。

ランニングも日によって、距離は7キロから30キロの範囲で、内容はスロージョグのときもあればインターバル走やスピードや坂道の上り下りなどで変化をつけてます。

週末は土日の2日間で40キロ以上をひとつのペースにしてます。これから毎週末は少なくとも1日は30キロ以上やりたいですね。いつも走っていても25キロ過ぎると普段痛くならない箇所が痛くなったり、身体が変化しますので、事前の変化をさまざまなシチュエーションで体験しておくと本番では焦らずに対応できますね。

レース中のエナジードリンクなども、何を使うか実際のランニングで試しておくと安心です。以前のレースで、大会当日にブースで配られていたエナジージェルをラン中に食したところ、あまりのまずさと甘さで気分が悪くなり、危うくもどすところでした。胸がムカムカした状態でのランは、泣きたくなるほどでした。

30キロをキロ6分で走ると180分(3時間)かかります。湘南地域は、観光名所の多いので、比較的飽きずに走ることができますよ。先日の私のルートは、藤沢市の自宅から、鎌倉八幡宮へ向かいました。八幡宮までの途中には結構な数のお寺もありますので、たまに、横道にそれて参道を走ったりします。

八幡宮からは材木座海岸に出て、海岸線を由比ガ浜、稲村ガ崎、七里ガ浜と過ぎて江の島へ。江の島大橋を渡って先端の灯台で折り返し、茅ヶ崎方面へ。途中の交差点で北上し、自宅まで戻りました。ちょうど30キロでしたね。

最初は快調でしたが25キロ過ぎたあたりから脚が重くなり、足指にマメができたような痛みを感じました。帰宅後、見ると左右の小指に小さなマメができてました。いつもは痛くならない大腿の一部にも痛みがありました。さて次回の30キロ走は、どのようになるでしょうか。

30キロランも余裕でこなすようになりたいものです。

最初の画像は、鎌倉八幡宮です。モノクロだとどこだかわかりにくいですね。2枚目は稲村ガ崎からの1枚です。冬になると富士山が最高にキレイに見えるスポットです。