スタッフブログ

エアコン洗浄シート:天カセエアコンの洗浄手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

作業前確認・養生

天カセエアコンを洗浄する前に必須なので作業前の確認です。まずエアコンが正常に作動していることを確認します。リモコンで各種の動きを確認しましたら実際の作業に入ります。天カセエアコンは200ボルトの電源になりますので、電源を切る、すなわちブレーカーを落とすこととなります。

エアコンの下にある家具や什器などはすべて移動させます。脚立を使用して作業することになりますので、足場を作るとともに、水の飛散防止のため、移動できないものについては、ブルーシート、養生シートなどでしっかり覆って下さい。また、床には防水の作業マットを敷くともしものときに安心です。

分解・洗浄

エアコンを分解します。まずは下部のグリルを外します。化粧パネルを外します。パネルはビスで固定されておりますので、電動ドリルがあると大変便利です。配線についてはカプラーを外します。

次に基盤部分の分解です。こちらも外せる配線はすべて外します。後で組立が必要になりますので、慣れないうちはスマホで撮影しながらの作業を推奨します。基盤は、水がかからないように養生して天井の隙間に押し込みます。

ドレンパンを外します。事前にドレンボルトを抜いて中の水をバケツで受けておきます。ドレンパンの取り外しの際に角度がつくと、中の水が下に流れますので、バランスをとりながら下ろしてください。このように天井に取り付けてある部品を次々と外していきますので、天カセエアコンの洗浄は、2名での作業となります。

ファンを取り外します。モーターを取り外します。これで洗浄できる状態となります。電装部分がないか再度確認し、必要があれば養生します。

実際の洗浄作業は、天カセ用エアコン洗浄シートを装着し、専用の洗浄剤を散布、洗浄機で水洗いします。また取り外した部品も洗浄剤等を使用してきれいにしておきます。すべての部品を洗浄し、よく乾燥させたら組み立てていきます。ブロワなどで水滴を飛ばすと作業効率がアップします。所要時間で2時間~です。ただし慣れた方は1時間から1時間半で作業します。

天カセエアコンは店舗、事務所、ホテルなど人が集まる場所に設置されております。家庭用のエアコンに比べ、かなり酷使されているので定期的なメンテナンスが必要です。

天カセ・天吊用エアコン洗浄シート

当社では、天カセエアコンの洗浄シートを販売しております。洗浄するエアコンに合わせて5型がラインナップされております。消耗品ではありますが、大切に使用すれば何十台も使用できるので、費用対効果は抜群です。四隅のフックをアンカーボルトに掛けるだけの簡単装着です。さらにエアコンの枠とシートの内側をラバーコーティングされたクリップで留めると作業が安定します。

いずれも常に在庫しております。何かご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

天カセエアコン洗浄シートのオンラインショップはこちら大型目玉コーティングクリップのオンラインショップはこちら

関連記事

メルマガ登録はこちらから

■【無料】メールマガジンでお得なセール情報や新商品情報を配信しています!ご登録はこちらからどうそ。

取扱店募集中

facebook

“株式会社エアコンカバーサービス facebookページはこちらから”

ご注文はこちらから

■弊社オンラインショップ
クレジット決済・銀行振込・代金引換に対応しています。 “ネットショップでのご注文はこちらから”

洗浄機修理のご相談

“洗浄機の修理に関するご相談はこちらから”
■画像をクリックいただきますと、洗浄機修理専用
メールフォームが開きます。
※当日お持込の方も事前予約が必要となります。
ご訪問のご予約はお電話でも承ります。
電話番号:0466-52-4806(代)

エアコンカバーサービス カタログ

“エアコンカバーサービス カタログ・ダウンロードはこちらから”
■画像をクリックいただきますと、カタログダウンロードが始まります。

FAXでのご注文

■画像をクリックいただきますと、ファックス専用
ご注文シートをダウンロードいただけます。ご記入の上、ファックスにてお送りください。 “ファックスご注文表ダウンロードはこちらから”
ページ上部へ戻る